減りゆくおしごと

働き方

労働人口が今後も減少する日本では、人手不足解消のための効率化が必須です

最近ちょっと気になった仕事の効率化の話題をご紹介します

こんなものにも印刷できるんだ!

卒塔婆って聞いて、すぐにどんなものか頭に浮かびますか?

墓地にある、あの長いやつですね

戒名を書いた木の板です

これって、すでにプリンター印刷に切り替わっているですってね

そして、最近、なんと6枚?一度に印刷できる専用プリンターが発売されたそうです

卒塔婆、仮位牌プリンター
お寺や霊園で、法要、お盆、お彼岸に、ご先祖様や故人を供養するために使う細長い木の板「卒塔婆」または「塔婆」は、長さが約1~2メートル有り、お墓の横に立てます。その卒塔婆は沢山の長い文字を木の板の上に納めなければならず、お坊さんが何度も書き直しをする程です。半紙に書くのとは異なり、墨の濃さを調整する事も必要で、書き損じを...

この会社のホームページでは、卒塔婆プリンターと、お菓子の可食プリンターが並ぶシュールさ(笑)

それは、さておき

この卒塔婆の文字って複雑かつ、長いため手書きには熟練の技術が必要なんだそうです

このプリンター、1台125万円するそうなのですが、ものすごい効率化ですよね

熟練スキルを持った人に頼むと、おいくらくらいするんだろう

もちろん、手書きの豊かさも大事です

こういうビジネスもあるんだなあ、と思いました



日頃なにげなく使っているコレも

JR西日本が、改札などの故障予測をするシステムを開発したそうです

今までおこなっていた、年4回~12回、自動改札機・券売機・清算金あわせて3,100台の点検を、30%効率化できるそうです

ログから、どれだけ機器が使われているかを基準に点検のタイミングを割り出すとのこと

今までは、熟練が故障しそうな時期を経験から判断して、部品の交換をおこなっていたいたんでしょうね

暗黙知がシステム化され、無駄が減り、今までメンテナンスに関わっていた人たちは30%余裕ができる

ということになります

このほかにも予測システムに注力するため、データアナリティクスの人員を強化していくそうです

いろいろ思うところはあるにせよ

卒塔婆と自動改札機、全く別分野だけどさまざまなところで、熟練の技術がシステム化されてるんだな、と改めて思いました

身の回りのあれこれ手間がかかっていることも、効率化できればその時間を自分のやりたいことに使えます

効率化したことを広めたら、副収入になるかもしれません

みんながハッピーになる働き方をめざしたいですね

 

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

なるほど!と気付きのある記事になっていれば嬉しいです!

にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

応援のクリックありがとうございます!

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました